​音声処理

Wave Editorは波形を加工するいくつかの機能を持っています。これらの機能は処理メニューから全て実行することができます。

 

範囲選択が存在する場合、処理の対象は範囲内のみに限られます。

範囲選択が存在しない場合、処理の対象はサウンド全体におこなわれます。

フェードイン

フェードイン処理は対象の波形の音量を無音から0dB値までスムーズに変化させます。メニューから処理 > フェード > インを選択してください。フェード処理はただちに適用されます。

オリジナルサウンドデータ

フェードイン済みデータ

フェードアウト

フェードアウト処理は対象の波形の音量を0dB値から無音までスムーズに変化させます。メニューから処理 > フェード > アウトを選択してください。フェード処理はただちに適用されます。

オリジナルサウンドデータ

フェードアウト済みデータ

リバース

リバース処理は対象の波形を水平方向に反転させます。メニューから処理 > リバースを選択してください。リバース処理はただちに適用されます。

オリジナルサウンドデータ

リバース済みデータ

フリップ

フリップ処理は対象の波形を垂直方向に反転させます。メニューから処理 > フリップを選択してください。フリップ処理はただちに適用されます。

オリジナルサウンドデータ

フリップ済みデータ

ミュート

ミュート処理は対象の波形を全て無音にします。メニューから処理 > ミュートを選択してください。ミュート処理はただちに適用されます。

オリジナルサウンドデータ

ミュート済みデータ

音量

音量処理は対象の波形をチャンネルごとに増減します。メニューから処理 > 音量を選択すると設定ダイアログが表示されます。音量処理はサウンド処理時のクリップに関するオプションは提供されません。

 

音量が変化するとき、波形は0dBでクリップします。クリップしたポイントはその時点で失われ、次回の音量操作時に復元されることはありません。この処理は破壊的な音声処理です。音声ダイアログにはチャンネルごとにどれくらい音量を増減するか設定のためのスライダーがあります。負のデシベル値(スライダーを下げた場合)では音量は減少し、正のデシベル値(スライダーを上げた場合)では音量は増加します。

 

適用ボタンを実行することで実際に波形に処理が適用されます。このダイアログはプレビュー機能を持っており、実際に適用前に設定内容が反映されたプレビュー再生をおこなうことができます。

オリジナルサウンドデータ

音量が変化した波形

チャンネルごとに増減

© Copyright 2015-2019 Future Cartographer  All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon